Thursday, April 24, 2014 16:08

薄毛治療は早ければ早いほどよし

薄毛治療は早ければ早いほどよし

知人から聞いた話なのですが、日本人男性の5人に1人は薄毛に悩まされているらしいということです。

私はどちらかというとフサフサな方だと昔から勝手に思っていて、しかも父方母方ともにフサフサな家系なので、たぶん自分にはカツラとか育毛とかそういうものとは一生縁がないんだろうな〜って、まったく気にしないでこれまで生きてきましたが、最近よく朝おきたらマクラに毛が何本かくっついています。

たいした量ではないし多分気のせいというか、誰かの毛なんじゃないかなとおもってたのですが、それはどうやら自分の毛っぽくて、来る来るとは聞いていたけど、自分にもいよいよきたか〜って感じです(笑)でもまだダイジョウブです。

いまのところ抜けた毛は100本に満たないので、今から髪の毛に気を配って薄毛治療のサイトとか髪によさそうな食品とかをネットで調べたりすることにしました。

なにごともこういうことは早めに手を打つ方がよさそうで、男は自分の体のことには無頓着になりがちなものなので全国の男性諸君は、自分だけはダイジョウブと思ってるうちが花というとを肝に銘じるべきです。

手遅れになっては遅いんですよ!毛髪全喪失のまえに、少しでも薄毛の兆候がでたと思ったらはやめの薄毛治療をおすすめします。

海藻を食べてたのですが追いつかず、薄毛治療に踏み切りました

ボクは昔から髪の毛の本数が少ない方でした。

人によって髪の毛の密度が高い人と低い人がいるのです。

高い人の頭髪密集度は例えるなら書道の筆みたいですが、低い人はブラシみたいに低いです。

そしてボクは髪の毛の密度が低い方の部類にはいっていました。

だから昔から「頭皮に油をためたら髪が抜ける。

だから毎日頭をあらったほうがいい」とか「コンブやワカメなどの海藻類が髪にいいよ」などの、巷でウワサされていて、みんながすすめてくる方法論は一通りためしてきましたがいよいよ海藻をいくらたべても、

薄毛治療の専門家

もう防げない段階に達してしまって、そのままだと毛髪ゼロまであと少しだとなったとき、なんとか危機を脱しようと、必死でネットサーフィンをしまくって「いい方法はないか」「いい方法はないか」と探していたとき薄毛治療にたどりつきました。

薄毛治療ときくと、なんか通ってるということを人に知られると恥ずかしい気もしますが、マンガではないのでリアルだとこっそりいって誰にも知られずにすみます。

最初の一歩は恥ずかしいかもしれないですがいざ踏み出してみたら、やってよかったーってなりますよ。